Voice

社員フリートーク

2017年度入社の若手社員2人と入社4年目の先輩社員2人が、会社の雰囲気や仕事のやりがい、社長の素顔(?)などをざっくばらんに本音で語り合いました。

  • 丸山 広大2013年入社運営開発グループ
  • 唄 麻里絵2013年入社法人グループ/広報担当
  • 高島 彩花2017年入社運営開発グループ
  • 横山 慶人2017年入社運営開発グループ

入社1ヶ月で提案した内容が採り上げられ開発担当に

二人ともようやくインバスケットの仕事にも慣れ、任される仕事も増えつつある状況だと思うけど、率直な今の感想はどうですか?

覚えることが多くて目まぐるしかったです。入社して1ヶ月経った頃に「就活生を対象にしたインバスケットの商材を作りたい」と言ったら、その企画が採り上げられたので、今は就活生向け「自分の強み・弱みが分かるアプリ」の開発に取り組んでいます。

従来のインバスケット教材は管理者向けのものが主流だから、当社にとっては新しい目玉になり得るプロジェクトとして、社長も期待しているようです。その分何かと大変だろうけど。

はい。社内の事例は主に社会人経験が豊富な方々を対象にしたものが多いので、就活生向けにブレイクダウンするのに苦労しています。就活自体は自分自身も経験して来た道なんですけどね。

就活を経験したばかりの高嶋さんだからこそできる仕事だと思いますよ。私も入社してまもなく新入社員向けの問題集作りを任され、同じように苦労した覚えがあります。新人が持つ能力を測るには何をどうすべきかを、自分自身も学ばなければ到底測れないので、かなり勉強しました。

あえて失敗を経験させ、成長につなげるのが当社流の教育法

完成させるまでどれくらいかかりましたか?

まず半年かかって完成させ、1回上司に提出したけどダメ出しされて、またゼロからやり直した結果1年かかりました。でもその時開発した新入社員向け問題集は、今では当社の売れ行きランキングで第2位になっています。

自慢が入りましたね(笑)。

ゼロからのやり直しって、先輩方でも結構あるんですか?

ありますよ。これで完成だと思って社長に見せたら、「全くダメ!」って言われて捨てられたり…。

私なんて、せっかく完成しながら使ってもらえなかったことさえありますからね!でもそういうことを繰り返すうちに成長していくものだから。

最初の教材開発で、丸山さんから5回ほどやり直しをさせられました。何としても作り直しは避けたい、壁にぶち当たらないまま自分の道を進んで行こう、なんて思ってたんですけど…。失敗ばかりでちょっとテンパってます。

社長もよくおっしゃっていますが、人は失敗を通じて成長していくもの。だから、社員にどんどん新しい仕事を任せ、あえて失敗を経験させようというのが当社の教育のやり方です。その失敗を自分で取り戻すことで、人は成長していけるからね。私も管理者向けの新しい問題集を初めて任された時は、マネジメントについて実戦で学びながら作っていったものでした。

分析結果を見て「ここまで私の能力が分かるのか!」と感動

二人はなぜインバスケットに興味を持ったの?

教育学部出身で小学校の教員免許も持っているので、合同説明会で「教育事業がある」と聞き興味を持ちました。正直インバスケットのことはよく分からないまま入社したのですが、実際に問題を解いてみると、自分のことをよく知ることができるツールなので面白いなと。

私も実はよく分からないまま、初回の面接でインバスケットの問題を解いたのですが、2度目の面接の時にフィードバックシートをもらって、「あなたはこの能力が高くて、この能力が低いね」と言われた時は、「あの回答内容だけでここまで私の能力が分かるのか!」って感動したんです。

私も時折受けることがあるんですが、ドンピシャだな、スゴイなって今だに思いますから

採点には独自のノウハウがあるし、複数の人間が関わるから精度は高いよね。何度も受けたことがあり、スコアリングのマネジメントをしている僕でさえ、前回受けた時は「完璧にできた」と思ってたのに、「数字を交えた意思決定が苦手なようです」とコメントが書かれていて…確かにその通りだと。

新入社員も採点に加わるのが、インバスケットの面白いところでしょうね。

採点を通じて、ビジネスパーソンとしてのあり方をいろいろ学んでほしいという狙いもありますから。

定時を超えて仕事をしようとすると白い目で見られる

職場環境や社内の雰囲気についてはどのように感じてますか?

本当にいろんな人がいて面白いなと。様々な分野のスペシャリストとコミュニケーションを取りながら仕事を進められるので、得られるものも大きいです。

入社当初から皆さんがすごくていねいに物事を教えて下さるので、とてもありがたい環境ですね。

残業がほとんどないのも驚きです。入社してから1時間程度の残業さえしたことがないですし、先輩社員が残っていても、「お疲れ様です」って先に帰りやすい雰囲気なのでありがたいです。

定時を超えて仕事をしようとすると白い目で見られるというか、早く帰る人ほど仕事ができると思われる企業風土だからね。

私は最近止むを得ず1時間だけ残業したんですが、それ以外は6時に合わせて仕事を終えられるよう段取りして、友人とおいしいものを食べに出かけてます。