入社2~5年目若手社員研修

  • 入社2~5年目若手社員研修
  • 係長・課長層研修
  • 管理者・経営幹部層研修
  • 社長模擬体験インバスケット研修
  • LS研修
  • インバスケット認定資格

入社2~5年目若手社員研修

より効率的、かつ、成果の上がる仕事の進め方を習得

プログラム

  • 上司とのコミュニケーション
  • 初めての後輩、部下との関わり
  • 個人の意見を求められたときの状況判断
  • 重要度・緊急度からの優先順位設定
  • 問題発見・問題解決力の習得

本プログラムは、意思決定力や問題解決力を付ける基礎となる、仕事の進め方、コミュニケーション、報告・連絡・相談などをインバスケットを通じて体得することを目的としています。

「報告の仕方やタイミング、方法がなっていない」
「自分のことばかりを考えて仕事を進める」
「失敗しても開き直る、次回につながらない」

このようにお思いのときはないでしょうか?

本プログラムは「知っていてもできないこと」を「実際にできる」ようにインバスケット演習を用いてゲーム感覚で体験する目的で開発されました。

座学ではなく、実際にグループ演習を通じ、他人にできて自分にできないことを目の当たりにすることで、学ぶ必要性を実感できます。

入社2年目だけではなく、入社10年目の社員の方にもビジネスの基礎を固めるためのプログラムとして好評を得ています。

本プログラムの狙い

◯仕事に対する姿勢(仕事を任せられる意味、失敗の意味、プロとしての自覚)の習得
◯報告・連絡・相談の使い分け
◯指示の受け方
◯コミュニケーションのとり方(お詫びはメールでしないなど)
◯状況を察してタイミングよく報告する
◯段取りの仕方
など仕事の進め方の基礎を固める。

本プログラムは書籍『入社2年目のインバスケット思考』をベースとしています。
ご要望によってオリジナル研修プログラムをご提案いたします。

カリキュラム一例

時 間 カリキュラム 研修内容 研修目的
13:00
|
13:30
オリエンテーション インバスケットの知識・評価項目、
考え方のレクチャー
・研修の目的理解
・インバスケットの考え方習得
13:30
|
14:30
インバスケット試験

45分15案件の試験を実施

限定された時間内で優先順位の高い案件を選び、処理を行う。
休憩10分
14:40
|
15:20
グループ演習①
(1グループ約4名)
優先順位の決定 1. 先を読む力を身に付ける
2. 自分がなぜ忙しいのかを分析する
3. 緊急度・重要度の考え方習得
15:20
|
16:20
グループ演習②
(1グループ約4名)
問題解決 1. 問題解決のプロセス習得
2. 指示の受け方を身に付ける
3. 謝り方と意見の言い方を身に付ける
休憩10分
16:30
|
17:00
グループ演習③
(1グループ約4名)
効率的な仕事の進め方 1. 上司の立場になって考える
2. 段取り力
3. 顧客志向
17:00
|
17:30
質疑応答 納得感の確認と疑問点・悩みの解消 習熟度・理解度アップとフォロー
研修終了

※このカリキュラムは一例です。

インバスケットへの電話番号
メールでのお問い合わせ・資料請求