公開セミナー上級内容

大局的な動きを把握し、本質的に解決するべき中長期的な課題の見つけ方を学ぶ

※弊社記述式問題集を使用したスコアリングをお受けになった方に発行される「フィードバックシート」をご持参いただいて使用するセクションがございます。

  1. スコアリング結果と向き合い、自己理解を深める
  2. インバスケット問題集を使用して、案件の対応方法を考える
  3. 短期的 ⇔ 中長期的な優先順位設定の違いを学ぶ
  4. 短期的な問題から中長期的に解決するべき課題を見つける
     (グループごとに講師からフィードバック)
  5. 4.で抽出した課題に対し、長期的かつ全体最適な問題解決を考える
     (グループごとに講師からフィードバック)
  6. 個人の案件処理に対して、行動ごとにプロセスのヌケモレに気づく
  7. 今後の改善点について検討し、目標を立てる
丸山講師 山口講師

カリキュラム例

時 間 カリキュラム 研修目的 主な習得ポイント
10:00
|
11:00
オリエンテーション 研修の目的
フィードバックの結果と向き合い自己理解を深める
・インバスケットの理解を深める
・フィードバックシートを用いて自己理解を深める
11:00
|
12:30
インバスケット試験 インバスケット問題集を使用して、案件の緊急度・重要度・優先順位と案件の処理を考える 制限時間内で物語の主人公として問題を発見し、意思決定する
昼食休憩1時間
13:30
|
13:50
中長期的な
優先順位設定
組織の課題の抽出について
見えない問題、案件の関連性
短期的な優先順位設定と中長期的な優先順位設定の違いを把握
13:50
|
14:30
グループ演習 組織の課題を抽出(=上位3つ)
・A象限から組織の課題を抽出する
・個々の判断を相互に伝え、異なる観点をも理解して合意を形成する
・グループ討議 20分/全体検証20分
休憩10分
14:40
|
16:20
案件処理 選択されたB象限の案件に対する、長期的かつ全体観を持った案件処理を実施 長期的な課題を意識しつつ、全体観を持った意思決定と組織の活用方法を習得
休憩10分
16:30
|
17:00
動機づけ
振り返り
今後職場で活用できる動機づけ 納得感の確認と疑問点・悩みの解消
セミナー終了
インバスケットへの電話番号
メールでのお問い合わせ・資料請求