公開セミナー初級内容

現状の仕事の進め方を振り返り、リーダーに求められるスキルを学ぶ

  1. 研修の目的とインバスケットを理解する
  2. インバスケット問題集を使用して、案件の対応方法を考える
  3. 案件の重要度と緊急度を判断し、優先順位設定の基本を学ぶ
  4. 3.で学んだ優先順位設定をグループで実践し、理解を深める
    (グループごとに講師からフィードバック)
  5. 問題発見の視点を学び、グループで実践する
    (グループごとに講師からフィードバック)
  6. 個人の案件処理に対して、行動ごとにプロセスのヌケモレに気づく
  7. 今後の改善点について検討し、目標を立てる
佐藤講師岸本講師

カリキュラム例

時 間 カリキュラム 研修目的 主な習得ポイント
10:00
|
10:50
オリエンテーション 研修の目的・インバスケットの理解 ・インバスケットの基礎知識
・インバスケットの評価のポイント
・プロセスの考え方
10:50
|
12:00
インバスケット試験 初級用問題集を使用して、案件の緊急度・重要度・優先順位と案件の処理を考える 制限時間内で物語の主人公として問題を発見し、意思決定する
昼食休憩1時間
13:00
|
13:40
解説
重要度と緊急度
案件の重要度と緊急度を判断して、優先順位設定の基本を理解する ・優先順位をつける必要性
・パレートの法則
・緊急度・重要度の2つの軸
・重要度を影響度に置き換える
13:40
|
14:20
グループ演習①
優先順位の設定
・前節で理解したあるべき
優先順位設定を実践
・グループで自らの考えを伝え、
他者の考えを学ぶ
・グループで各自の優先順位設定の発表
・グループワークで討議し優先順位つけ実施
・発表および講師からのフィードバック
休憩10分
14:30
|
16:00
グループ演習②
優先度の高い案件処理
問題解決力の習得 ・問題解決プロセス
・問題発見のポイント
(見える問題・見えない問題)
・意思決定の種類・対人関係能力
・グループワークで自分の案件処理発表ののち、
グループで討議し案件処理発表
・講師からのフィードバック
※個人の回答についてフィードバックはいたしません
休憩10分
16:10
|
16:40
個人ワーク
スコアリング比較
自身の意思決定シートとスコアリングシートを比較してチェックする(自身の強み・改善点) ・個人の回答をチェックシートに基づき、自己評価
・自分自身の案件処理の抜けもれを把握する
16:40
|
17:00
まとめ
講評と動機づけ
今後職場で活用できる動機づけ 納得感の確認と疑問点・悩みの解消
セミナー終了
インバスケットへの電話番号
メールでのお問い合わせ・資料請求