インバスケット・ラーニング・システム

実際のビジネス環境をリアルに再現したインバスケット・ツール

インバスケット・ラーニング・システムとは?

インバスケット・ラーニング・システム(以下LS)は、オンライン上で実施するインバスケット・ツールです。
メールの受信箱を想定しており、各メールを処理している間にも新たな案件が飛んで来るなど、実際の業務に似た状況を想定しています。

ここがポイント!

  • 複数の受講者との比較が可能です。
  • 会場が複数の場合でも、同じ条件(タイマー付)で行えます。
    (パソコンとインターネットが必要です)
  • データの蓄積が行えるため、前回との比較も可能です。

機能のご紹介

タイマーが作動します

問題集の設定にあわせてタイマーが作動します

時間の延長など、不正の心配がありません

どのメールから処理をしたか、
処理にどれくらいの時間をかけたか、
データが残ります

どのような仕事の進め方をしているかや、
各案件に対する時間のかけ方の違いが
客観的に分析ができます

仕事の進め方をグラフ化
グループごとに回答を作成

グループごとに回答を作成する場合も画面で共有ができます

消耗品(模造紙やマーカーなど)の準備物が少なくなります

自己チェックをつけると、行動プロセスのグラフになります

同じ問題集を実施した、全員との比較が出ますので、
プロセスの発揮度が一目で分かります

自己チェック

LSのご案内

個人用教材サイトへ

トレーニング用
教材はこちら

インバスケット試験対策情報サイト インバス!へ移動する
インバスケットへの電話番号
メールでのお問い合わせ・資料請求